アニメ☆スキスキ ホーム » スポンサー広告 » 魔法少女まどか☆マギカ » 魔法少女まどか☆マギカ 第10話「もう誰にも頼らない」


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


魔法少女まどか☆マギカ 第10話「もう誰にも頼らない」

魔法少女まどか☆マギカ 第10話「もう誰にも頼らない」

 なぜ暁美ほむらは鹿目まどかが魔法少女になることを阻止しようとするのか。その真相が明らかにされる。それは、常人であれば気が狂いそうな繰り返しと失敗の果てに、ようやくほむらがたどり着いた最後の希望。

 本当に最初の第1話がどういうものだったのか、第10話はそういう話なのだ。



ネタばれ感想文



 ほむらが最初に経験した世界では、そのとき既にまどかは魔法少女だった。本当の第1話では、ほむらとまどかの役割は入れ替わっていたわけだ。そうしてほむらは、魔女と魔法少女の世界に関わることになり、そして最後の破滅を受け入れない方法として、まどかとの出会いのやり直しを願う。
 その結果、彼女は時間を遡って、何度も出会いを繰り返し、破局を避けるためのあらゆる方法を模索しながら、そしてそのいずれもが失敗し、いまの時間へとやってきた。

 まどかが死なないためには、まどかが魔法少女にならない道を探すしかない。それがほむらの結論。しかしそれを実現しようと何度も繰り返すほど、なぜかまどかに課せられる運命は過酷になっていく。
 そして最後は、ワルプルギスの夜すらも超えてしまう。

 もはやほむらにまどかを救う方法はないのか?歴史のやり直しだけでは、新たな奇跡を生むことはできないのか?最後の2話に希望がつながれる。







にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://animesukika.blog.fc2.com/tb.php/10-dd5aa76a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。