アニメ☆スキスキ ホーム » スポンサー広告 » DOG DAYS » TIGER & BUNNY 第10話「The calm before the storm. (嵐の前の静けさ)」


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


TIGER & BUNNY 第10話「The calm before the storm. (嵐の前の静けさ)」

TIGER & BUNNY 第10話「The calm before the storm. (嵐の前の静けさ)」

 溜まった有給休暇を取得させられることになった虎徹。帰る約束を破ってばかりの楓に、ぬいぐるみのお土産を買って会いに行くことにする。



ネタばれ感想文



 しかし、その帰路で爆破事件が発生。当然のことながら有給休暇はキャンセル。虎徹はまた、楓に失望されてしまうことになる。楓ちゃん、歪まないで育ってくれるかな~?

 その頃、バーナビーは、両親殺害犯人の顔を思い出し、犯罪者ファイルからその人物を探し出していた。その名はジェイク・マルチネス!彼はいま、250年の刑期を刑務所で過ごしている。その彼に会うために向かう途上で、テロ事件が発生したのだ。
 当然、バーナビーの元にも緊急連絡をする虎徹。しかし、バーナビーが親の敵に会いに行こうとしていることを知り、行って来いと送り出すのだ。自分を信じて任せていけ、と。

 これまでのバーナビーであれば、虎徹に事件を任せていくようなことはなかっただろう。だが今回、バーナビーは全てを虎徹に任せ、刑務所へと向かう。


 しかし、今回ヒーローを襲う敵の数は半端なものではなかった。以前、ルナティック事件の時に現れたロボットが、無数に出現したのだ。しかもその操縦をしているのは、虎徹がお土産に買ったのと同じぬいぐるみ。明らかにN.E.X.T.の仕業だ。
 順次登場するヒーローが順番に撃破していくものの、その数は衰えるところを知らない。そしてさらに最悪なことに、別の場所でも同様の事件が発生。ヒーローたちは分断されていくことになる。

 ロボットを撃破しつつ、市民を守る。そんなヒーローの使命は、大量の敵に前に護り続けることは難しい。もはや駄目か、というところで、バーナビーが登場する。
 だが今回、バーナビーは虎徹を信じられなくて戻ってきたのではない。ただ、虎徹が心配だから戻ってきたのだ。それは、長年追い続けてきた両親の仇に会いに行くことよりも、虎徹が無事でいて欲しいという気持ちが勝ったということ。そういう関係が、二人の間には出来てきているのだ。


 そんなほっこりする光景をあざ笑うように、シュテルンビルト上空には飛行船が登場し、大量のビラをまいていく。そこに描かれている紋章はウロボロス!そう、バーナビーが追う敵が、今回の犯人だったのだ。
 そして彼らは、シュテルンビルト二千万市民を人質に取り、とある人物の釈放を要求する。その人物の名は、ジェイク・マルチネスといった…。







にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://animesukika.blog.fc2.com/tb.php/105-561ff331

◎TIGER&BUNNY#10Thecalmbeforethestorm.(嵐の前の静け...

タイガーさんが娘と電話で話す。いい加減その話し方止めてよ子供じゃないんだから言われる。そして、有給休暇を与えるとオーナーがいう。労働違反だとマスコミに叩かれると面倒なん...

2011-09-24 22:12 │ from ぺろぺろキャンディー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。