アニメ☆スキスキ ホーム » スポンサー広告 » Steins;Gate » Steins;Gate 第11話「時空境界のドグマ」


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


Steins;Gate 第11話「時空境界のドグマ」

Steins;Gate 第11話「時空境界のドグマ」

 偶然から電話レンジ(仮)の構造はほぼ解明された。ゆえに実験は次の段階へと移ることになる。



ネタばれ感想文



 ぶらうん管工房の42型ブラウン管が電話レンジ(仮)におけるリフターの役割を果たしていた。これでDメール実験で解明できることはほぼ解明した岡部倫太郎と牧瀬紅莉栖は、実験を次の段階へとシフトさせることを考える。
 とはいえ、物体を過去へと送ることは極めて困難。ゲルバナのようになってしまうのがオチだ。そこで、紅莉栖の本来の選考である脳科学の知見を利用し、記憶を過去へ送ることを試みる。タイムトラベルならぬタイムリープだ。

 かくして助手のお使いで秋葉原を買いだしに回ることになったマッドサイエンティスト・鳳凰院兇真だったが、何やら紅莉栖の様子がおかしい。実験大好きっ子なのに、タイムリープマシンを作ることを嫌がっている気がするのだ。
 加えて、まゆしぃと共に買いだしに回る岡部の前に阿万音鈴羽が現れ、紅莉栖はSERNとつながっていると言いだす。今回はちょっとサービスカットが多い。

 椎名まゆりと別れラボに戻った岡部が目撃したのは、@チャンネルに書き込みをしているクリスティーナの姿。それを茶化され岡部に弱みを握られてしまった紅莉栖は、そのついでとばかりに、自分がタイムリープマシンを作るのを渋っている理由を話す。それは疎遠になった父親のことだ。
 彼女と同じ様に物理学者だった父親は、彼女が成長し父親を抜いてしまった瞬間、彼女を娘としてではなく、ライバルの物理学者と見なす様になってしまったらしいのだ。そんな、嫉妬むき出しで愛する父親に接されることが、紅莉栖にとっては何よりも苦しい。それなのに、ここでまたタイムリープなどを実現させてしまえば、それはもっと激しくなるだろう、と。

 それを聞いた岡部は、はじめは鳳凰院兇真として茶化しているように見えたものの、真情では紅莉栖を気遣い、彼女と共に父親のもとへ赴いて和解の手伝いをしようと申し出る。紅莉栖もそれを受け入れ、二人で父親のもとへ赴くことは約束となった。


 こうして電話レンジ(仮)の改良作業は開始されることとなった。コス作成でラボにお泊りをするまゆしぃと、作業でお泊りをする紅莉栖に命じられ、またもや買い出しに行くことになった岡部。だが、スーパーについた途端鳴りだした携帯には、お前は知りすぎたというメールと共に、血まみれの人形の写真が送られて来ていた。
 あわててまゆりに電話をするもつながらない。それもそのはず。そのとき、まゆりと紅莉栖は、二人でシャワーを浴びているのだ。だがそんなことを知らない岡部は、ラボが襲撃を受けたと思いこみ、必死でラボに駆け戻る。そうして、シャワールームを開けると…。


 結果はラブコメハプニングで終わったが、殺害予告メールが送られてきたのは事実。果たして送り手は誰なのか?岡部の恐怖は続く。







にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://animesukika.blog.fc2.com/tb.php/118-e71f79c4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。