アニメ☆スキスキ ホーム » スポンサー広告 » 神のみぞ知るセカイⅡ » 神のみぞ知るセカイII FLAG11.0「いつも心に太陽を」


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


神のみぞ知るセカイII FLAG11.0「いつも心に太陽を」

神のみぞ知るセカイII FLAG11.0「いつも心に太陽を」

 クラスの生徒たちとの齟齬が目立つようになってきた教育実習生・長瀬純。それを利用して桂木桂馬は、長瀬先生への接触を試みる。



ネタばれ感想文



 その場所とは、長瀬先生が理想分を摂取するためにやってきたプロレスの試合会場。エルシィの力を借りて長瀬先生のチケットをコピーし、意図的なダブルブッキングを仕掛ける。でもこの時のエルシィ、せっかくの能力を生かしていなさ過ぎ。

 こうして同じ席をシェアすることになった長瀬先生と桂馬は、パイプ椅子を半分ずつ使ってプロレス観戦をする。
 初めのうちは、生徒と先生が…と渋っていた長瀬先生だが、試合が白熱してくるとそんなことも忘れ、桂馬にプロレス技をかけまくったり、楽しんでいるご様子。

 だが桂馬は楽しいデートだけでは終わらせない。彼女がプロレスに象徴される自分の理想を他人に押し付けているだけだと看破し、彼女が今クラスの中で陥っている問題に鋭く切り込む。
 それに対し、怒って帰ってしまう長瀬先生。そこで桂馬は言う。エンディングは見えた、と。

 桂馬の言葉を否定し自分を守るために、翌朝、長瀬先生はクラス全員で舞島マラソン大会に参加することを提案し、全員分の参加申し込みも済ませてしまう。だがクラスの生徒は全員でブーイング。長瀬先生のことをやりすぎやおもいと言いだし、長瀬先生はクラスを飛び出してしまう。


 生徒から相談してきたのに、それに対して真摯に応えようとすると、やりすぎや重いと言われてしまう。なんて勝手なんだろう。憤る長瀬先生がやって来たのは、休部中のバスケ部の部室だ。そして桂馬は、そのロッカーの中から現れ、長瀬先生は今も昔も同じ失敗をしている、自分の理想を相手に押し付けているだけに過ぎないという。
 ならばどうすれば良いのか。そういう長瀬先生に対し、桂馬は彼女の手を取り言う。もっと自分の信じる理想を押し付けろ、お前は教師なのだから、と。

 ちょっと良い雰囲気になったところで、長瀬先生を迎えに来た生徒たちが体育館へ登場。全ては桂馬の指示通りに動いたエルシィの誘導だ。しかし気付いたとき、桂馬はその場にはいなかった。
 そのまま長瀬先生の実習期間が終わる。だが桂馬は、あれ以来登校していない。もう会えないのか。そう思いながら帰る長瀬先生の前に、桂木桂馬は現れた。

 かくしてエンディング。無事に駆け魂は捕獲されました。







にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://animesukika.blog.fc2.com/tb.php/127-2f588402

神のみぞ知るセカイII 第11話 「いつも心に太陽を」

リアルには理想が足りない――。 長瀬先生のウィークポイントを見つけた桂馬のターンw エルシィにチケットをコピーさせ、プロレス観戦の席をブッキングさせます。 これは近い、近...

2011-06-21 11:29 │ from SERA@らくblog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。