アニメ☆スキスキ ホーム » スポンサー広告 » MADLAX -マドラックス- » MADLAX -マドラックス- 第2話「紅月 -crimson-」


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


MADLAX -マドラックス- 第2話「紅月 -crimson-」

MADLAX -マドラックス- 第2話「紅月 -crimson-」

 内戦下にあるガザッソニカ王国から遠く離れた先進国ナフレスでは、バートン家の息女マーガレットが、メイドのエリノア・ベイカーに傅かれて暮らしていた。どこかボーっとしていて、ここではないどこかを見ているようなまなざしのマーガレットに対し、エリノアが献身的に仕えている。



ネタばれ感想文



 家から送り出されて学校へと向かうマーガレットだったが、途中の靴屋で赤い靴を眺めて、結局は遅刻してしまった。なぜ彼女は赤い靴をじっと眺めていたのだろう?
 そして彼女は、授業がまだあるにもかかわらず、突然、雨が降るから、と言って帰ってしまう。晴天にもかかわらず…。

 その少し前、オークション会場ではある美術品が売りに出されていた。そこで競売に参加していたのは、ナフレス最大の商社に勤務するヴァネッサ・レネ。彼女は、最大限の努力をして競り落とせという上司の指示を無視して、日本商社と競り合ってもコストが上がるだけだと言い、競売の途中で帰ってしまう。
 その帰り道、ヴァネッサは、靴屋で赤い靴を眺めているマーガレットに出会う。彼女はマーガレットの隣人なのだ。しかしマーガレットはなぜか、彼女の名前を忘れてしまっているらしい。

 ヴァネッサの会社に同行することになったマーガレットは、ヴァネッサのパソコンで見たガザッソニカの名前に何か触発され、会社の中をさまよい歩く。そうして立ち入り禁止区画に近づこうとした時、男に声をかけられる。その男は、先ほどの美術品を競り落としたエージェントだ。
 その男になぜか恐怖を感じたマーガレットは、男の制止する声も無視して、ヴァネッサの許へと帰っていく。

 バートン家へと戻り、食事を共にすることになったヴァネッサ。その途中、マーガレットにプレゼントとして渡したのは、先ほどの赤い靴だ。しかし、あれほどいとしげに見つめていた割に、マーガレットは特に嬉しそうでもない。
 それどころか彼女は、食事中にもかかわらず、周囲の声も聞こえないほど物思いに沈みこんでしまう。そして思い出すのは、何故か破壊された都市だ。

 二人の声で我に返ったマーガレットは、探し物をすると言い、自分の部屋に帰ってしまう。残された二人が話すのは、マーガレットのこと。マーガレットは以前、何か大きな事件に巻き込まれたらしい。

 そしてマーガレットが自分の部屋をひっくり返して見つけたのは、血まみれの赤い絵本だった。




 最近読んだラノベがこの作品のスピンオフらしいので、本編の方も見てみることにしました。
-> 旅する少女と灼熱の国 Elenore Baker





にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://animesukika.blog.fc2.com/tb.php/148-b58e7983

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。