アニメ☆スキスキ ホーム » スポンサー広告 » ロウきゅーぶ! » ロウきゅーぶ! 第4話「昴に願いを」


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


ロウきゅーぶ! 第4話「昴に願いを」

ロウきゅーぶ! 第4話「昴に願いを」

 コートと練習時間をかけた男バスとの試合後半戦。体力に劣る女バスは徐々におされぎみになり、ついには逆転を許してしまう。そこでコーチの長谷川昴は、作戦第2フェーズの発動を指示する。



ネタばれ感想文



 第2フェーズは、最終フェーズ発動までの時間稼ぎが主目的。その発動までになるべく点差を維持したまま踏ん張ることに専念するのだ。
 そのためにパス回しをして、30秒ギリギリまで粘る湊智花や三沢真帆、永塚紗季たち。しかしそれも長くは続かず、男バスの竹中夏陽たちにインターセプトされてしまう。

 そこで登場するのが袴田ひなただ。竹中のひなたに対する想いを利用し、彼とマッチアップさせるのだ。
 戸惑いながらもひなたを抜き去ろうとする竹中。しかしそこでイノセントチャームが発動、尻もちをついてファウルを演出する。

 これでしばらく持つかと思ったのも束の間、竹中が気合を入れ直し、やはり男バスがリードを広げる展開に。
 残り3分を切ったところで、最終フェーズが発動する。最終フェーズはエースによる単独敵中突破!智花のスキルに頼り、追い付け追い越せの作戦だ。

 智花のシュートが冴えわたり、ついに逆転に成功する女バス。しかしトリプルチームで智花に対抗し、男バスは再逆転を果たす。
 残り時間ももう少ない。次が最後のチャンス。智花の最後の一手は、ディフェンスをぶち抜いてのシュート…ではなく、ゴール下の真帆へのパス。真帆は期待通りにシュートを決め、女バスが勝利!最後はブザービーターってやつですな。


 そして長谷川家での祝勝会。ここで昴は、香椎愛莉についていた嘘を謝罪する。センターをスモールフォワードと偽っていた件だ。土下座して誠心誠意謝罪する昴に、場は別の方向で盛り上がりを見せる。あとは今後の話だけだ。
 昴に今後もコーチを続けて欲しい智花たち。しかし昴も素直には受けられない。そこで叔母にして顧問の篁美星は、ひとつの条件を提案する。それは、智花が連続50本フリースローを決めたらコーチを続けるというもの。

 翌日。長谷川家にやってきた智花は、その勝負への挑戦を宣言する。


 一方、昴の幼なじみの萩山葵や上原一成たちは、昴に内緒でバスケ同好会の立ち上げを準備していた。ロリコン疑惑のために休部になったバスケ部の代わりを用意しようという彼らの優しさだ。
 それに感謝して練習に励む昴。慧心の子たちのおかげで、彼の人見知りも大分解消されているようだ。

 そして智花の挑戦は続く。その結末は…?




ロウきゅーぶ! 原作本の感想





にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://animesukika.blog.fc2.com/tb.php/177-fed13f38

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。