アニメ☆スキスキ ホーム » スポンサー広告 » STAR DRIVER 輝きのタクト » STAR DRIVER 輝きのタクト 第2話「綺羅星十字団の挑戦」


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


STAR DRIVER 輝きのタクト 第2話「綺羅星十字団の挑戦」

STAR DRIVER 輝きのタクト 第2話「綺羅星十字団の挑戦」

 学園でツナシ・タクトがシンドウ・スガタに連れて行かれた先は、演劇部「夜間飛行」。スガタやアゲマキ・ワコらが所属している部活動だ。タクトは演劇部に入部するよう勧められる。

 一方、銀河美少年の出現に動揺する綺羅星十字団では総会が開催されていた。そこで、タウバーンを倒した者が綺羅星十字団の暫定リーダーとなることを決定する。



ネタばれ感想文



 なにせ一番インパクトがある演出は、人妻女子高生のワタナベ・カナコが教室で繰り出す、ガラス越しのキスでしょう。本編に全く関係ないキャラたちと、ガラス越しでキスしまくります。男の子たちの憧れを刺激する演出でしょうか。

 そしてタクトが連れて行かれた夜間飛行の副部長は、キツネっぽい不思議小動物。それが副部長なの?なんで?いずれ説明される時が来るのかも知れません。

 また、総会で綺羅星十字団の組織構成もかなり明らかになります。外の世界とのつながりも色々ありそうで、そこがどう掘り下げられていくのか興味深いです。







にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://animesukika.blog.fc2.com/tb.php/18-2b793365

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。