アニメ☆スキスキ ホーム » スポンサー広告 » THE IDOLM@STER(アイドルマスター) » THE IDOLM@STER 第4話「自分を変えるということ」


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


THE IDOLM@STER 第4話「自分を変えるということ」

THE IDOLM@STER 第4話「自分を変えるということ」

 今回のお仕事は、ゲロゲロキッチンというケーブルテレビの料理対決番組だ。天海春香と如月千早のあまがえるさんチーム、我那覇響と四条貴音のがまがえるさんチームに分かれて対決する。



ネタばれ感想文



 カエルの着ぐるみを着て番宣カットを撮った後は、撮影衣装に着替えて本番だ。しかし、歌のコーナーが中止になった如月千早は、かなりやる気がない。一方、カエルの着ぐるみをたいそう気に入った四条貴音は、あまり表情には出ないがやる気満々だ。

 まずは特別食材の獲得を賭けたビーチフラッグス。千早と響が対決するのだが、勝者は響。千早がお尻を突き出して発泡スチロールのビーチに突っ込んでいるところを、ローアングルからカメラが狙う。そのカメラを睨みつける千早。
 あまり料理が得意でない千早は、春香のお手伝い担当。エビのありかを春香に聞かれた千早は鍋の中と答えるのだが、その中にあったのは生きた蛸!びっくりした春香は尻もちをついてしまう。そのリアクションに対してコメントを求められた千早は、何が面白いのかと言ってしまう。

 春香のフォローにより事なきを得たものお、バラエティ番組としては致命的な対応で、プロデューサーも困ってしまう。
 いなくなった千早を探していたプロデューサーは、別のスタジオの奥でひとり歌っている千早を発見。その歌に聞き惚れてしまう。そして、千早の歌の仕事が取れるようにもっと努力することを宣言するのだった。

 ちょっと気分が晴れた千早は、後半戦ではバラエティのノリで頑張り、何とか無事に撮影は終了した。
 仕事終わり、みんなで甘味を食べに行くというのをひとり断り、家路へとついた千早。その胸の去来する思いは一体何なのだろうか?







にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://animesukika.blog.fc2.com/tb.php/196-d77b3019

アイドルマスター「第四話 自分を変えるということ」/ブログのエントリ

アイドルマスター「第四話 自分を変えるということ」に関するブログのエントリページです。

2011-08-01 14:20 │ from anilog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。