アニメ☆スキスキ ホーム » スポンサー広告 » THE IDOLM@STER(アイドルマスター) » THE IDOLM@STER 第6話「先に進むという選択」


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


THE IDOLM@STER 第6話「先に進むという選択」

THE IDOLM@STER 第6話「先に進むという選択」

 秋月律子プロデュースで売り出されることになったユニット・竜宮小町。メンバーは、三浦あずさ、水瀬伊織、双海亜美の3人だ。それが決まってからは、これまでの博士のスケジュールが嘘のように、オフのまるでない忙しさになってしまった。
 一方、プロデューサーのスケジュール帳はほとんど真っ白。3人以外のアイドルの予定も真っ白だ。みんなやる気はあるけれど、やる気を発揮する仕事がない状態。プロデューサーは形振り構わず売り込みをして仕事を取ってくるのだが…。



ネタばれ感想文



 その仕事はといえば、四条貴音にフリフリのロリ風衣装を着せた写真撮影だったり、高所恐怖症の高槻やよいにアクションスタントをさせたり、萩原雪歩にキャンギャル衣装を着せたりと、それぞれの特性を理解していないものばかりだ。

 そうしていく間にも、律子との差は開いていくばかり。そしてその焦りがミスを生じさせる。我那覇響の仕事でダブルブッキングをさせてしまったのだ。
 代役には星井美希が立候補したものの、遅れて入った彼女は現場で干されてしまう。しかし彼女はあきらめない。先に入っていた菊地真に振り付けを教わり、それを一発で覚えていく。

 一方、もうひとつの現場では、天海春香たちがプロデューサーをあちらへ送り出そうとしていた。渋るプロデューサーだが、彼女は自分たちを信じてほしいといって無理矢理送り出した。


 こうしてプロデューサーは、アイドルたちと一緒に仕事をしていく重要さを悟ったのであった。ところで音無小鳥は、JOJO好きなのかな~?







にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://animesukika.blog.fc2.com/tb.php/233-8443e2a1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。