アニメ☆スキスキ ホーム » スポンサー広告 » セイクリッドセブン » セイクリッドセブン 第8話「マゴコロを込めて」


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


セイクリッドセブン 第8話「マゴコロを込めて」

セイクリッドセブン 第8話「マゴコロを込めて」

 輝島ナイトのもとから藍羽ルリを救い出したものの、味方だと思われていた研美に対する疑いが生まれてしまった。
 何はともあれ落着し、ホッとした拍子に崩れ落ちたルリに対し、丹童子アルマは気づかいの言葉をかける。アルマが助けに来ると信じていたというルリだが、アルマの返答は、取りあえず助けに来たとのもの。アルマは照れ隠しのつもりかもしれないが、ルリはアルマが助けたくないのに仕方なく助けに来たと解釈したようだ。



ネタばれ感想文



 "とりあえず"の関係でアルマに無理を強いるのが忍びないと思ったルリは、彼らの関係を"契約"で結びつけようとし、アルマの家を訪ねる。ところがそれを切り出した途端、アルマは怒りだしてしまう。

 それも当然で、アルマとしては自分の意志でアシと戦っているし、自分の意志でルリを助けに行ったという認識なのに、その関係をお金で結びつけようという申し出は、怒りに値するだろう。
 だが、ルリから見れば、アルマの表面的な言葉からは、そんな心情とは真逆のものしか感じ取れないので、アルマをつなぎとめるためにお金を提示しただけなのだ。

 そんなすれ違いを見かねた鬼瓦は、自分が真っ二つになったのを利用して、アルマとルリに、自分の補修材料を鎌倉に取りに行くようお願いする。ただし、二人で手をつないで。要は仲直りのための鎌倉デートだ。

 翌日、横須賀駅前で待ち合わせをしているアルマの前に現れたのは、いつもより攻めた衣装に身を包んだルリだった。メイドさんたちが着せてくれたらしい。その姿に見とれながらも、何も褒める言葉をかけられないアルマ…。
 二人並んで横須賀線に乗り込むのだが、何となく関係はぎこちないまま。特に会話もなく、鎌倉の道を進んでいく。


 目的の。鬼瓦と同時期に生まれた鬼瓦の欠片を手に入れて電話をするルリに対し、その石が光るまで手をつないでいる様に申し渡されるルリ。それを聞いたアルマは、"とりあえず"お昼を食べに行こうと提案する。
 そしてやって来たラーメン屋さんでカウンターに座ったアルマとルリ。だがルリの表情はすぐれない。それを見たアルマは、自分が来なかった方が良かったのではないかと問う。その言葉に対し、ようやく自分の思いを言葉にしてぶつけるルリと、自分がどれだけひどいことを言っていたのかを自覚したアルマ。ここからが本当の鎌倉デートの始まりとなった。


 和菓子屋さんにSPが来ていたけど、お菓子を買いに来ただけなのかな?







にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://animesukika.blog.fc2.com/tb.php/251-ac55f314

◎セイクリッドセブン#8「マゴコロを込めて」

ルリがアルマさんが助けに来てくれると信じてましたから言う。ルリが、ケンミについて調べる。そして、ルリがアルマの家にやってくる。契約書を持ってきた。とりあえず預かるいうと...

2011-11-24 21:16 │ from ぺろぺろキャンディー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。