アニメ☆スキスキ ホーム » スポンサー広告 » 神様のメモ帳 » 神様のメモ帳 第8話「僕は運命を信じない」


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


神様のメモ帳 第8話「僕は運命を信じない」

神様のメモ帳 第8話「僕は運命を信じない」

 四代目・雛村壮一郎が平坂錬次の手下たちの襲撃を受け、重傷を負った。イベント会場に手を出してきたのは陽動で、その警備に人員を割かせ、四代目の警護をなくすのが目的だったのだ。
 四代目をやられた組員たちは、錬次を潰すと息巻いている。そんなとき、藤島鳴海のもとにイベント会社の美嘉さんから電話がかかってきて、イベント当日の手配のために、四代目の持っている資料を送って欲しいと言ってくる。

 平坂組の事務所に行く鳴海。そこは散らばった荷物と飛び散る血飛沫、そして破かれたベン・ハーのポスターなどが散らばっている。
 その中で奇跡的に壊されていなかったパソコンを見ると、そこには全ての資料が添付された、送信間際のメールの下書きがあった。その宛先は園芸部、鳴海宛だ。それを見た鳴海は、アリスの事務所の前で襲撃準備を整える平坂組員のもとに向かう。



ネタばれ感想文



 平坂錬次シリーズの最終回。ヒソンがらみの因縁が、ついにアリスの手によって解きほぐされる。

 襲撃準備を整える組員を前に、鳴海は大演説をぶつ。四代目が全てをかけてプロデュースをしてきたイベントをお前たちのバカで潰すな。それこそが錬次の狙いだとなぜ分からない。お前たちのタマはぼくが預る、と。
 その言葉に心服し、鳴海の指示を受け入れる組員たち。その後、アリスのもとに赴いた鳴海は、錬次の携帯番号が分かったことが、本当に錬次の罠だったことを知らされる。何となく言った鳴海の言葉は真実を突いていた訳だ。

 そしてイベント当日。イベントを滞りなく進める裏で、アリスと鳴海は錬次を誘い出す策を弄していた。


 フェケテリコのボーカルのセリフは、神楽坂先輩のものですな。




神様のメモ帳 原作本の感想





にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://animesukika.blog.fc2.com/tb.php/259-9516358a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。