アニメ☆スキスキ ホーム » スポンサー広告 » TIGER & BUNNY » TIGER & BUNNY 第24話「Nothing ventured,nothing gained. (虎穴に入らずんば虎子を得ず)」


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


TIGER & BUNNY 第24話「Nothing ventured,nothing gained. (虎穴に入らずんば虎子を得ず)」

TIGER & BUNNY 第24話「Nothing ventured,nothing gained. (虎穴に入らずんば虎子を得ず)」

 タイガーとバーナビーを除くヒーローたちは、ロトワングが放ったアンドロイドH-01に破れて捕らえられ、首に爆弾を取り付けられてしまった。タイガーたちがH-01に破れるまでの間に解除スイッチを押したひとりだけは助ける。そんな悪魔の囁きにさいなまれるヒーローたち。
 一方、肝心のタイガーとバーナビーも能力が回復せず、十分に戦えない。H-01の攻撃から逃げ回るのだが、荷電粒子砲っぽい銃とレーザーソードっぽい剣の強力さに手も足も出ない。

 二人がやられる様を見せ付けられつつ、追い詰められていくヒーローたち。ヒーロー間の通信は制御され、スカイハイがつぶやいたちょっとした一言が、彼らの間に疑心暗鬼を植えつけていく。特にロックパイソンは、もう限界が近い。
 事件の黒幕であるアルバート・マーベリックは、市長やCEO、検察局のルナティックが出席する席上で、ヒーローたちがテロ組織と戦って追い詰められていると、事実に即した、しかし真実ではない言葉を告げていた。



ネタばれ感想文



 情報を制するものは世界を制する、じゃないけれど、言葉を上手く編集して伝えれば、どんな状況でも作り出せてしまう。相手の心意が分からないという状況は、何よりもストレスになる。だからこそ、冷戦時代のソ連とアメリカでさえ、ホットラインを持っていたのだから。
 今回のロトワングの敗因は色々あるけれど、最大のそれは、ブルーローズの言葉を遮らなかったことだろう。彼女が好意を持つワイルドタイガーを信じることを決めたからこそ、捕らえられたヒーローたちの動揺は去った。不戦敗を免れたのだから。

 もうひとつは、H-01を最強設定にしすぎたことだろう。市内の治安維持程度なら、もう少し攻撃力を落として置けば良かった。そうすれば、バーナビーに勝利のための手段が転がり込んでくることもなかっただろう。
 そして、実は影の殊勲者である楓が父のもとに駆け寄った時、その父はと言えば…。







にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://animesukika.blog.fc2.com/tb.php/289-43047d4a

TIGER & BUNNY 第24話「Nothing ventured.nothing gained.(虎穴に入らずんば虎児を得ず)」

「こんな所で終わってたまるか」 「俺達 やられる訳にはいかねえんだよ!」 H01と戦う虎徹さんとバニーちゃん! 他のヒーロー達も そんな二人を信じようと…! って、虎徹さんが…

2011-09-11 21:52 │ from WONDER TIME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。