アニメ☆スキスキ ホーム » スポンサー広告 » ダンタリアンの書架 » ダンタリアンの書架 第12話「幻曲」


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


ダンタリアンの書架 第12話「幻曲」

ダンタリアンの書架 第12話「幻曲」

 公園にヴァイオリンを持って散歩に行ったヒュー・アンソニー・ディスワード卿とダリアンの前に、クリスタベル・サスティーンとダラリオ・ヘイワードが現れる。ダラリオはヒューイの持っていたヴァイオリンを調整すると、クリスタベルはそれを演奏する。
 クリスタベルは、ギリエルモ・バルディーニの残した幻のヴァイオリンソナタ、理想郷と黄昏の2曲を復活させた演奏家だった。この曲は普通の人間には演奏できず、その演奏を聴いたものには絶大な影響を及ぼすと言う幻曲だ。

 彼女たちに貸したヴァイオリンを返してもらうために赴いたヒューイとダリアンは、演奏場の地下に去っていたダラリオを追いかけていったところ、何者かによって気絶させられ監禁されてしまう。



ネタばれ感想文



 その黒幕にいたのはケンドリックという支配人で、麻薬的な効果のある理想郷を上客に聞かせて支配し、自分の利益のために利用しようという目論見なのだ。ヒューイも利用価値のある人間と認められ、演奏を聴かされそうになる。
 そこにやってきたのはダラリオ。彼はクリスタベルを道具として利用しようとするケンドリックのたくらみを阻止しようとしているのだった。

 果たして最後のクリスタベルの演奏は、それ自身の意志であったのか、あるいはあらかじめ設定されていた演目だったのか。前者を選べばロマンティックな解釈が出来るだろうし、後者を選べばリアリスティックな事実を見ることになるだろう。




ダンタリアンの書架 原作本の感想





にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://animesukika.blog.fc2.com/tb.php/300-0e238c7d

◎ダンタリアンの書架第十二話「幻曲」

ヒューイのバイオリンが下手でダリアンが怒る。ノコギリをひく練習なら山奥ですればいのです。そして、婦人がそれかしていう。クリスタベルがご迷惑をと男性がやってくる。これ壊れ...

2012-01-14 06:16 │ from ぺろぺろキャンディー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。