アニメ☆スキスキ ホーム » スポンサー広告 » 花咲くいろは » 花咲くいろは 全26回 感想まとめ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


花咲くいろは 全26回 感想まとめ

花咲くいろは 全26回 感想まとめ

 16歳の女子高生・松前緒花は、母親の松前皐月が男と夜逃げすることになり、湯乃鷺温泉の祖母が経営する温泉旅館・喜翆荘へ預けられることになった。
 東京の変化のない生活に希望を持てないでいた緒花は、温泉旅館の女将の孫娘という、彼女に与えられた新たな設定に、ドラマの様な劇的なイベントを期待して、喜翆荘へと向かう。しかしそこで待っていた生活は、彼女が頭の中で思い描いていた様な日常とはかけ離れたものだった。

 女将の四十万スイは、優しい柔和な感じとはかけ離れた、鉄の女と呼びたい女性だった。女将の孫どころか、単なる下働きの仲居見習いとしてこき使われることになった緒花だったが、やることなすこと失敗ばかり。
 板前見習いの女子高生・鶴来民子が育てているノビルを雑草だと思って引き抜いて死ねと言われたり、仲居の女子高生・押水菜子の指示を受けずに勝手に部屋の掃除をして大問題を引き起こしたり、従業員用の布団を表に干してお客さんの頭上に落としたり、あり得ないことばかりする。

 そしてそのことで女将さんに叱責されても、自分は役に立とうと思ってやったのだから正しいと思いこみ、不満たらたら。素人で仕事のやり方も知らないのに、自分のやり方が正しいと思いこみ、誰にも相談せず、即実行。そして案の定、失敗しても謝らないと、とてもアニメのヒロインとは思えない行動を取る。
 しかし、老舗旅館「福屋」の一人娘の和倉結名、仲居頭の輪島巴、板前の宮岸徹、花板の富樫蓮二、営繕の助川電六、雑用の次郎丸太郎らと関わって行く中で、旅館の従業員の仕事とは何か、他人の想いに応えるとは何かを学び、成長していく。



ネタばれ感想文



 序盤にある、空気読めない小娘の独りよがりな思い込みに振り回されるサービスパーソンたちという構図は、緒花に対するいら立ちを掻き立てるのに十分な設定だったと思う。しかしこれは仕込まれた構成だったと考えるべきだろう。

 そもそも緒花は、東京のつまらない日常に絶望している女子高生だった。その近くには種村孝一という、緒花を想う友だちがおり、それを広げていけば素敵な日常が待っていたかもしれないのに、ここにはないどこかを見過ぎて、そのことにも気付けなかった。
 そこに転がり込んできたのが、北陸の温泉旅館の女将の孫という、彼女にとって劇的な、非日常の世界の設定だ。喜び勇んで飛んでいく…のだが、現実はそんなに甘くないということに気づかされる。

 彼女が非日常だと思って向かった先は、社会という名の日常だった。彼女は甘ったれた女子高生の論理で社会に投げ出されるのだが、それは手厳しくたしなめられる。
 彼女が持っていたのは、自分とその知り合いが直接的にハッピーになる論理だ。だから目の前のことだけを考えて行動し、深くは考えない。しかし彼女が暮らす場所は、サービス業の中心だ。お客さまに、緒花が夢見た様な、非日常の空間を提供し、その満足の対価として料金を頂く。そのお客さまの感謝を得て間接的にハッピーになるのが彼らの生き様なのだ。

 そのことに気づいてからの緒花は、仕事の面ではキッチリとこなせるように成長していく。しかし、元々の性質として、空気が読めない、つまり相手のことを考えないという思考法があるため、民子には「ホビロン!」と罵られる毎日が続くのは変わらない。
 それに転機が訪れるのは、民子の徹に対する想いを知り、こーちゃんに恋敵が現れてからだ。自分の東京での当たり前の居場所が無くなるかも知れないという危機感を持った時、その日常の大切さに初めて気がつくのだ。

 こうして緒花は、まずは仲居として客のことを考えることを知り、女として他人の気持ちを推し量ることを知る。そうして喜翆荘が彼女にとっての日常、居場所となった時、再び東京へと戻ることになるのだ。
 こうして帰って行く東京は、それまで緒花が感じていた、何も面白みのない街ではない。たとえどこであっても、自分の努力次第で、自分がドラマの主役になることは出来るのだ。それは反面教師の様に思っていた皐月も例外ではなく、離れて初めてその偉大さが分かることもある。

 退屈な日常を離れ非日常へと向かった少女は、その先で日常に潜む輝きを知り、再び日常へと戻って行く。ここからが彼女自身の、ドラマの様な人生の始まりとなるのだろう。







にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://animesukika.blog.fc2.com/tb.php/318-1da80976

花咲くいろは/ブログのエントリ

花咲くいろはに関するブログのエントリページです。

2011-09-29 20:52 │ from anilog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。