アニメ☆スキスキ ホーム » スポンサー広告 » 機動戦士ガンダムAGE » 機動戦士ガンダムAGE 第3話「ゆがむコロニー」


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


機動戦士ガンダムAGE 第3話「ゆがむコロニー」

機動戦士ガンダムAGE 第3話「ゆがむコロニー」

 救助したユリンと共に、コロニーを狙うUEのモビルスーツ型と戦闘を行うフリットとガンダム。AGEシステムで製造したドッツライフルで一撃必殺の威力を得たものの、敵の動きが素早く当たらない。焦るフリットに、ユリンは落ち着くように言い、そして彼の右手に手を重ね、彼の意識を導く。
 一方、アリンストン基地に残ったブルーザー司令官は、住民が避難したコロニーコアを切り離すための準備を行っていた。しかし、それを察したかのように、UEの一体はコロニー内に再侵入し、アリンストン基地を壊滅させてしまう。



ネタばれ感想文



 前回、AGEシステムの紹介でハードウェア的な側面を強調したので、今回はパイロットというソフトウェア的な側面を強調しておきましょう、という演出になっている。いくら強い武器があったとしても、パイロットの判断力がなければ無意味だということだ。
 そして、フリットの保護者的立場だったブルーザー司令官に、最後の花道が贈られる。彼がフリットに告げる言葉は、今後のフリットの人生を決定づけるものとなるだろう。







にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://animesukika.blog.fc2.com/tb.php/364-e02251cc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。