アニメ☆スキスキ ホーム » スポンサー広告 » Fate/Zero -フェイト・ゼロ- » Fate / Zero -フェイト・ゼロ- 第6話「謀略の夜」


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


Fate / Zero -フェイト・ゼロ- 第6話「謀略の夜」

Fate / Zero -フェイト・ゼロ- 第6話「謀略の夜」

 ランサーとの勝負に水が入り、拠点へと戻るセイバーとアイリスフィールの前に、雨竜龍之介のサーバントとして現界したジル・ド・レエが現れる。彼はセイバーを聖処女ジャンヌだと勘違いしているのだ。あまりの話の通じなさにイライラしたセイバーは、いきなり真っ二つにしようとする。
 一方、そのセイバーのマスターである衛宮切嗣とその従者である久宇舞弥は、ランサーのマスターであるケイネス・エルメロイ・アーチボルトとその婚約者ソラウの滞在するホテルを襲撃していた。

 また、暇をもてあましているアーチャーは、言峰綺礼の隠れ家を訪れ、彼の願望を探り出そうとする。



ネタばれ感想文



 衛宮切嗣に与えてもらったおもちゃである自動車を嬉々として乗り回すアイリスフィールと、彼女の意外な一面を見て戸惑うセイバー。しかし彼女たちは共に、女の話を聞かない男という慮外の存在に戸惑わせられる。

 精魂込めて作り上げたケイネスの魔術工房をホテルごと爆破するというとんでもない方法で破ろうとする衛宮切嗣。それは成功するのだが、久宇舞弥は逆に言峰綺礼に襲われてしまう。

 そして、ジャンヌから拒絶されたと感じたジルは、虐殺をさらに大規模化して、それを贄に、ジャンヌにかけられた呪いを解こうとするのだが、それが聖杯戦争を危機に陥れることになってしまうのだ。

 そんなわけで、今回は英霊同士のバトルシーンは特になく、マスター同士の思惑が交錯する展開となっている。ランプの明かりの中で語る綺礼とアーチャーのシーンは、なかなか良いとおもう。




Fate/Zero -フェイト・ゼロ- 原作本の感想リンク





にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://animesukika.blog.fc2.com/tb.php/386-6267f406

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。