アニメ☆スキスキ ホーム » スポンサー広告 » 機動戦士ガンダムAGE » 機動戦士ガンダムAGE 第6話「ファーデーンの光と影」


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


機動戦士ガンダムAGE 第6話「ファーデーンの光と影」

機動戦士ガンダムAGE 第6話「ファーデーンの光と影」

 エミリー・アモンドに手渡された移住先へのチケットを受け取らず、連邦軍に志願し今後もUEと戦い続ける決意を示したフリット・アスノ。そのことにショックを受けたエミリーは、外出禁止を破り、ファーデーンの中へと走り去ってしまう。
 エミリーを追いかけてファーデーンへと入ったフリットが見たのは、コロニー内で行われるモビルスーツ戦闘。かつてのコロニー間の抗争が尾を引き、ザラム連合とエウバ同盟の残党が相争い続けているというのだ。

 戦闘から救われたエミリーとフリットがイワーク・ブライアに案内されたのは、コロニーの地下層。一部の富裕層以外の住民は、このエリアに暮らしているらしい。イワークは、孤児のリリアを拾い、つつましやかに暮らしていた。
 しかし、ハロと一緒に上層部へ遊びに出かけたリリアが、モビルスーツ戦闘に巻き込まれたことで、その平穏は崩れ去ってしまう。



ネタばれ感想文



 孤児を拾ったイワークが簡単にブチ切れて、作業用モビルスーツで戦闘用モビルスーツに挑むとか…。フリットに言われるまで、リリアの今後を考えないんだからな。それだけストレスがたまっていたという見方もあるが、まずは仲間を募ってレジスタンスをつくるとかした方が良いと思ったり。

 そして、イワークに襲撃されたザラム連合とエウバ同盟のモビルスーツが、協力してイワークに銃撃を加える様には笑わせていただいた。その程度で仲間になれるなら、戦争なんかしなきゃ良いのに。あの状況では、敵に後ろから銃撃を加えて撃破し、その後、ろくに武器もないイワークを制圧するのが常道ではなかろうか。

 ちょっと練り込みが足りなかったかも。







にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://animesukika.blog.fc2.com/tb.php/398-77236701

機動戦士ガンダムAGE「第6話 ファーデーンの光と影」/ブログのエントリ

機動戦士ガンダムAGE「第6話 ファーデーンの光と影」に関するブログのエントリページです。

2011-11-16 13:50 │ from anilog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。