アニメ☆スキスキ ホーム » スポンサー広告 » THE IDOLM@STER(アイドルマスター) » THE IDOLM@STER 第21話「まるで花が咲くように」


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


THE IDOLM@STER 第21話「まるで花が咲くように」

THE IDOLM@STER 第21話「まるで花が咲くように」

 961プロの謀略により、ゴシップ記事で中傷された如月千早だったが、天海春香たち765プロの仲間のアイドルたちの協力で、大切な歌を取り戻すことが出来た。世間の空気も徐々に良化する中で、対外的な復帰第一線となるイベントが、アイドル・ジャムだ。
 みんな張り切って、千早の復帰に協力するやる気満々なのだが、その出鼻をくじく様な出来事が頻発する。予約していたヘアメイクさんが来ない、楽曲データが使えなくなる、すべては961プロの妨害活動だ。

 それでもメイクは自分たちでこなし、楽曲が戻るまでのつなぎを工夫する事務所の仲間たちを見て、千早はひとつの決意を告げるのだった。



ネタばれ感想文



 961プロとの最後の決戦、なのかなあ。若干アウェー気味の会場で、アカペラで歌い出す千早。その姿を見て、音声スタッフも自分の本来の仕事を思い出し、曲を流し出す。
 そして、ジュピターのメンバーたちも社長のやり方についていけずに反発、ついには事務所を辞めてしまうことになる。

 そして高木社長は、ライブ後にアイドルたちをあるお店へと連れていく。そこにいたのは黒井社長と、そして舞台で歌手をつとめる音無小鳥だった。
 小鳥の姿を見て、アイドルとは何かをあらためて考えるメンバーなのでした。







にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://animesukika.blog.fc2.com/tb.php/419-64226ca8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。