アニメ☆スキスキ ホーム » スポンサー広告 » 輪るピングドラム » 輪るピングドラム 第23話「運命の至る場所」


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


輪るピングドラム 第23話「運命の至る場所」

輪るピングドラム 第23話「運命の至る場所」

 十六年前のあの日、荻野目桃果は渡瀬眞悧と対峙していた。この世界を箱に見立て、箱から出られないことを嘆く眞悧は、その箱を、世界を破壊しようとしていた。しかし桃果はこの世界を守りたい。ゆえに運命の乗り換えを行って、眞悧を運命から追放しようとしていた。
 だが、運命の乗り換えの呪文の最中に眞悧によって妨害を受けた桃果は、眞悧を半分追放する代わりに彼女自身も半分封じられてしまう。

 余命いくばくもない病床に着いた高倉陽鞠を高倉晶馬は見守るしか出来ない。そして荻野目苹果に出来るのは、その晶馬の手助けをすることだけ。これまでの思い出に浸り、ただ別れの時を待つだけに思えた。
 一方、高倉冠葉は、夏芽真砂子を利用した眞悧の甘言に翻弄され、テロリストへの道をまっしぐらに進んでいた。ただ陽鞠を助けるために。



ネタばれ感想文



 シラセとソウヤはなぜ二羽なのか、ペンギン帽はなぜ二つあるのか、その謎がようやく明らかになった。明と暗、光と影、善と悪。物事の二面性を象徴する人物の対比構造を築きつつ、本来の半分であり制限された存在の象徴でもあった訳だ。
 それらが解放され、二つに別たれたものが一つに戻る。その過程を描くのがこの作品だったのかもしれない。いよいよ冠葉と晶馬が正面からぶつかる。







にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://animesukika.blog.fc2.com/tb.php/453-fe8add07

(アニメ感想) 輪るピングドラム 第23話 「運命の至る場所」

キャラクタースリーブコレクション 輪るピングドラム 「陽毬&ペンギン3号」(2011/12/09)ブロッコリー商品詳細を見る *一週間のアニメを濃く熱く語るラジオ、毎週水曜日と金曜日夜11時...

2011-12-17 16:24 │ from ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。