アニメ☆スキスキ ホーム » スポンサー広告 » ちはやふる » ちはやふる 第12話「むらさきのゆきしめのゆき」


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


ちはやふる 第12話「むらさきのゆきしめのゆき」

ちはやふる 第12話「むらさきのゆきしめのゆき」

 全国高校かるた選手権大会団体戦東京地区予選で優勝した瑞沢高校かるた部だが、それは負けた北央学園らの思いを引き継ぐということでもある。
 家に帰り、家族に優勝を報告しようとする綾瀬千早だったが、姉のテレビ出演やサイパン撮影の話題に負け、報告できない。

 学校に行けば、女帝宮内はテニス部のインターハイ出場一色で、かるたなどお遊び程度にしか受け取ってもらえない。ショックを受ける千早だったが、かなちゃん、つくえくん、にくまんくんたち部員は、きちんと自分のすべきことを見据え、動き出していた。



ネタばれ感想文



 家庭でも学校でも軽く扱われてしまうかるたにショックを受けつつ、一方で、負かした他の高校からのプレッシャーに押しつぶされそうになっている千早。それを真島太一は、ひょろくんが持ってきた全国大会出場校のデータを見せ、彼らの期待に応えるのが千早の役目だという。

 そしてその一生懸命な姿勢が、ようやく他の人たちにも伝わってきたらしい。両親も千早に目を向け、女帝宮内もかるた部の引率に行くことになる。向かうは近江神宮だ!




ちはやふる 原作本の感想リンク





にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://animesukika.blog.fc2.com/tb.php/462-50adc115

ちはやふる 第12話「むらさきのゆきしめのゆき」

『全国大会出場を決め、それぞれの弱点克服のために千早と太一は白波会、 肉まん君、机くん、奏ちゃんは翠北かるた会の練習に通うことに。 プレッシャーから不安になっていた千早

2011-12-21 23:53 │ from Spare Time

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。