アニメ☆スキスキ ホーム » スポンサー広告 » Fate/Zero -フェイト・ゼロ- » Fate / Zero -フェイト・ゼロ- 第13話(最終話)「禁断の狂宴」


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


Fate / Zero -フェイト・ゼロ- 第13話(最終話)「禁断の狂宴」

Fate / Zero -フェイト・ゼロ- 第13話(最終話)「禁断の狂宴」

 ファースト・シーズンの最終話…なのだけれど、全くまとめる気もなく、普通に来週に放映されそうな展開で終わっている。

 小市民ウェイバーの愚痴から物語は始まる。聖杯戦争を乗り越えて来て、改めてウェイバーは、ライダーの規格外さを実感していた。そして、それに比較した自分の小ささも。立場は彼のマスターではあるが、自分はライダーのマスターにはふさわしくないのではないか?そんな疑問に苛まれている様に見える。
 一方、雨竜龍之介は自分のアジトにあった芸術作品(=虐殺死体)が灰燼に帰しているのを見て、深い嘆きの中にいた。そんな龍之介を慰めるキャスターだったが、その会話の中で新たな信仰を見出したキャスターは、大規模でクールな背徳行為を行うことを思いつくのだった。



ネタばれ感想文



 キャスター掃討戦のクライマックス前のエピソードが描かれる。冒頭にも述べたとおり、とても最終回とは思えない。セカンド・シーズンが決まっているからだろう。

 やっぱり、ウェイバー・ベルベットとライダーは良い味を出しているな。それに雨竜龍之介とキャスターも面白い。彼らが聖杯戦争でどんな運命を辿るか、それはセカンド・シーズンに託された。




Fate/Zero -フェイト・ゼロ- 原作本の感想リンク





にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://animesukika.blog.fc2.com/tb.php/468-30c3a4f2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。