アニメ☆スキスキ ホーム » スポンサー広告 » ちはやふる » ちはやふる 第15話「つらぬきとめぬたまそちりける」


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


ちはやふる 第15話「つらぬきとめぬたまそちりける」

ちはやふる 第15話「つらぬきとめぬたまそちりける」

 現クイーンの若宮詩暢に対し、ようやく一矢報いることが出来た綾瀬千早は、逆転に向けて気合いを入れ直す。しかしその枚数差は歴然。クイーンはいつもの余裕のスマイルかと思えば、幽鬼のごとき怨念のこもった形相で札を見ている。連取されたことが不本意なのだ。その勝負の結末は…。

 そして、真島太一の戦い。B級決勝へと進出した太一は、綿谷新を追いかけるため、A級に昇段するため、ココは絶対に優勝したいところ。しかし6戦目のいま、5戦目までの記憶の残滓が幻となって、太一を苦しめる。肉まんくんたち部員は、そんな彼を静かに応援するしかない。果たして太一は勝つことが出来るのか?



ネタばれ感想文



 クイーンの実力を目の当たりにして、千早の夢の頂との距離が数字で表された。この数を詰めて逆転するために何をすべきか。今の千早の頭にあるのはそれしかない…はずなのだが、ナチュラルに太一にとってひどいことを言っているな。これを彼女が自覚した瞬間、果たしてどうなるのだろう?

 負けを経て、自らの足りないところを知り、優勝するための体力作りをする。彼我の実力差が分かってはじめて、同じ土俵で戦うことが出来るのだ。




ちはやふる 原作本の感想リンク





にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://animesukika.blog.fc2.com/tb.php/485-811810bc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。