アニメ☆スキスキ ホーム » スポンサー広告 » ギルティクラウン-GUILTY CROWN- » ギルティクラウン-GUILTY CROWN- 第16話「王国 the tyrant」


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


ギルティクラウン-GUILTY CROWN- 第16話「王国 the tyrant」

ギルティクラウン-GUILTY CROWN- 第16話「王国 the tyrant」

 供奉院家の意向を受けた葬儀社の残党である大雲と月島アルゴは、封鎖された供奉院亞里沙を脱出させるミッションに取りかかる。亞里沙を上海の有力者と政略結婚させることで、アジア諸国の声を集合させようという戦略だ。そして空から東京へと降下したアルゴは、天王洲第一高校をヴォイドによって統治する桜満集の姿を見る。

 校条祭を死なせてしまった集は、彼女の死を無駄にしないためと言う口実を設け、寒川谷尋の提案を免罪符として、ヴォイドによる統治を行っていた。そんな彼を精神的に支えているのが楪いのりだ。
 だが、恐怖と力で統治される体制を見たアルゴは、集に敵対することを選び、拘束されてしまう。篠宮綾瀬は集を翻意させ、ツグミはアルゴのサポートをこっそりするのだが…。



ネタばれ感想文



 かつての恙神涯を模倣し、自分の弱さを押し殺して強権を発動する集だったが、彼も未だ迷いの中にいる。それを支えているのは、いまは亡き祭といのり、そして谷尋のわけだ。だがその彼らが集に望むことは、集自身の心の中とは、それぞれ少しずつ違っていることに、未だ集は気づいていない。

 脱走したアルゴと、彼に合流しようとする亞里沙は、ヴォイドに秘められたリスクを目の当たりにしてしまった。それは集の免罪符すら一瞬で吹き飛ばしてしまう真実。それを知った集が選ぶのは、いずれの選択となるのだろう?







にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://animesukika.blog.fc2.com/tb.php/504-acb479f6

ギルティクラウン「第16話 王国 the tyrant」/ブログのエントリ

ギルティクラウン「第16話 王国 the tyrant」に関するブログのエントリページです。

2012-02-20 21:22 │ from anilog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。