アニメ☆スキスキ ホーム » スポンサー広告 » 花咲くいろは » 花咲くいろは 第1話「十六歳、春、まだつぼみ」


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


花咲くいろは 第1話「十六歳、春、まだつぼみ」

花咲くいろは 第1話「十六歳、春、まだつぼみ」

 松前緒花は、ドラマティックな展開に憧れる16歳。でも住んでいる街は何の変哲もない場所だし、家に帰れば反面教師にしたい母親・皐月しかいない。だからきっと、このまま平凡に人生が過ぎていくんだろうなあと思っていた。
 しかし、皐月の恋人が借金を作った結果、母親は夜逃げ。緒花は母が飛び出してきた実家で暮らすことになる。



ネタばれ感想文



 その実家が湯乃鷺温泉にある旅館・喜翆荘。旅館で生活しながら高校に通うというシチュエーションに期待して来たところ、実際にはただの住み込み従業員扱い。それに出会ってそうそう、板前見習いの鶴来民子には死を願われてしまう。

 仕事をするということの意味を考えたこともない女子高生が、旅館従業員という、おそらくは最もハードな分類のサービス業に従事することになるわけで、問題を起こさないはずもない。心得違いから、気を使ったつもりが逆に迷惑をかける展開になってしまう。


 民子の「うち核家族ですから」がなにげに良いキャラ付け。これがあの戦場の流儀に則った戦い方というものだろう。
 時代が変われば、昔自分が言われたことをそのまま繰り返すだけじゃダメなんだね。

 さて、とにもかくにも、嫌でもここで暮さなければ、ただの16歳の少女に生きていく術はない。(全くないというわけじゃないだろうけど)ここでどの様に暮らしていくのか。それで緒花の生き方が見えて来ると思う。







にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://animesukika.blog.fc2.com/tb.php/51-f1eecf69

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。