アニメ☆スキスキ ホーム » スポンサー広告 » Fate/Zero -フェイト・ゼロ- » Fate / Zero -フェイト・ゼロ- 第25話(最終話)「Fate / Zero」


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


Fate / Zero -フェイト・ゼロ- 第25話(最終話)「Fate / Zero」

Fate / Zero -フェイト・ゼロ- 第25話(最終話)「Fate / Zero」

 愛する娘イリヤスフィール・フォン・アインツベルンと愛する妻アイリスフィール・フォン・アインツベルンを殺害するという形で自身の望みとの決別をせざるを得なかった衛宮切嗣は、情よりも優先した平和のため、自身のサーヴァントであるセイバー、アストリア・ペンドラゴンに対して、残された二画の令呪を使い切り、その法具を用いて万能の願望器、聖杯と呼ばれる何かを破壊することを命ずる。

 泣き叫びながら、必死にその命令に抵抗しようとして果たせず、法具によって聖杯を破壊したアーサー王は、再び彼女の悪夢である現実へと戻っていた。そこにあるのは、自責の念と後悔だけだ。

 一方、残された衛宮切嗣も、身を切り裂くような苦しみに苛まれていた。破壊されたはずの聖杯はなぜか彼の頭上に君臨し、冬木の街に凄絶な滅びを振りまく。全ての人々が全滅したと思われるほどの惨状を見せる街を走り回り、衛宮切嗣は生き残りを探すのだった。




ネタばれ感想文



 死んだはずの言峰綺礼は、アーチャー、ギルガメッシュが聖杯により受肉した影響を受け、その心臓の鼓動を止めたまま、生き返っていた。目前に広がる数多の死と破壊を前に、それを愉悦と感じる自らの感情を邪悪と断じながら、それを求める道を選び取る。

 残された遠坂凜の後見人として、自らが殺害した師の遠坂時臣の葬儀を取り仕切った言峰綺礼は、遠坂凜に父親の形見を授ける。それは、彼が時臣を殺害するのに用いたアゾット剣だった。


 そして時はゼロに至り、物語は始まる。





Fate/Zero -フェイト・ゼロ- 原作本の感想リンク





にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://animesukika.blog.fc2.com/tb.php/607-548d133c

(アニメ感想) Fate/Zero 第25話 「Fate/Zero」

投稿者・ピッコロ ヴァイスシュヴァルツ エクストラブースター Fate/Zero BOX(2012/02/25)ブシロード商品詳細を見る 始まり(ゼロ)に至る物語、第四次聖杯戦争、終焉へ―― ☆Fate/Zero ...

2012-06-27 22:20 │ from ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。