アニメ☆スキスキ ホーム » スポンサー広告 » だから僕は、Hができない。 » だから僕は、Hができない。 第1話「運命の赤い糸!」


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


だから僕は、Hができない。 第1話「運命の赤い糸!」

だから僕は、Hができない。 第1話「運命の赤い糸!」

 桃園学園に通う高校二年生の加賀良介は、女の子には優しい少年だ。しかし少女から好かれているわけではない。いや、むしろ嫌悪されているといってもいいだろう。なぜなら彼は、心の中で思っているエッチなセリフを、ついつい口に出していってしまうからだ。
 周囲からエロ介と呼ばれる彼は、しかし健全な設計だ。女の子に付きまとうこともなく、触れることもない。ただただ、近くから女の子たちを愛でられればそれでよい。女の子は宝物だから、大切にしなければならないというのが彼のもっとうだ。

 もっとも、そんなもっとうを理解できる人間は少ない。幼なじみの大倉美菜は、その数少ない人間の一人だ。しかも、とびきりの巨乳。だが意外にも、加賀良介が彼女に何かすることはないことからも、彼の安全性は理解できるというものだろう。


 ある雨の日、そんな加賀良介は、彼の自宅の前で雨にぬれてビショビショになっている美少女を発見する。ブラウスから下着が透けている彼女を着替えさせるため、家の中に通した彼だったが、なぜか逆に襲いかかられ、その赤毛の少女によって、折れた剣グラムを胸に刺されてしまう。
 その少女の名は、リサラ・レストール。グリム・ワールド、いわゆる死神界からやってきた、一級死神である。




ネタばれ感想文



 原作は、死神界から死神が来ているのは世間の常識で、人々は死神と契約して特典を受けるのが当たり前という設定だったが、アニメ版ではそうでもないらしい。そうすると、男は巨乳好きという先入観から、死神は巨乳の方が高く評価されるという設定も無くなっているのかな?

 さすがに赤い糸というか赤い草原というかは心象描写のみに留まったけれど、乳首を出すことは全然問題がないというか、むしろ積極的に行こうという感じ。でもエロ介の信念的に、チラリズムのようなギリギリ感が評価されていた気がするから、その辺りとのバランスがどうなるかは、これからの展開を見てみないと分からないだろう。





だから僕は、Hができない。 原作本の感想リンク





にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://animesukika.blog.fc2.com/tb.php/615-023f0c6d

だから僕は、Hができない。「第1話 運命の赤い糸!?」/ブログのエントリ

だから僕は、Hができない。「第1話 運命の赤い糸!?」に関するブログのエントリページです。

2012-07-08 00:50 │ from anilog

◎だから僕は、Hができない。第1話「運命の...

=道加賀;いつみても大きな胸だ。エフカップに変えてきたか。 ミナ:夏から:もしかしてつぶやいてた。※幼馴染らしい。・加賀良介(かがりょうすけ)声-下野紘:ケイマ・大倉美...

2012-11-29 17:06 │ from ぺろぺろキャンディー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。