アニメ☆スキスキ ホーム » スポンサー広告 » ソードアート・オンライン » ソードアート・オンライン 第1話「剣の世界」


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


ソードアート・オンライン 第1話「剣の世界」

ソードアート・オンライン 第1話「剣の世界」

 ナーヴギアを用いた世界初のフルダイブ形式のVRMMORPG「ソードアート・オンライン」。そのファースト・ロット一万人の中の一人である桐ヶ谷和人は、キリトという名前で一般公開前のベータ・テストも体験した経験者だ。
 運営開始時刻の13時になり、一斉にログインしたゲーマーたちの中でも、迷いのない足取りで、アインクラッド第一層のはじまりの街を駆け抜けていく。

 その姿を見て声をかけたのは、クラインと名乗る青年だった。彼はキリトがベータ・テスターだと見抜き、ゲーム序盤のコツを教えて欲しいと頼んでくる。
 何となく憎めない人柄に、普段は人とコミュニケーションすることが得意ではないキリトもほだされ、ソードスキルの使い方をレクチャーすることになる。




ネタばれ感想文



 やがて17時半が近づき、現実世界で用事があるクラインはログアウトをしようとメインメニューを開いた。しかし、なぜかログアウトのメニューが消えている。バグだろうと運営の対応を静観する構えではあったが、全く対応がなされる気配がない。そして17時半になり、はじまりの街の広場の鐘が鳴りだすと、プレイヤーたちは広場に強制テレポートをさせられた。

 多くのプレイヤーが見上げる空に姿を現したのは、このゲームを企画した天才、茅場晶彦だった。彼は言う。ログアウトが出来ないのはSAOの仕様である、と。
 さらにつづけて言う。もし、現実世界で勝手にナーヴギアを外そうとすれば、その機能によって脳を焼き、現実世界からも永久退場することになる、と。

 なかなか信じようとはしないプレイヤーたちも、現実世界のニュースで事態が取り上げられていることを知り、広場は阿鼻叫喚の地獄と化していくのだった。





ソードアート・オンライン 原作本の感想リンク





にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://animesukika.blog.fc2.com/tb.php/616-f0ab1896

ソードアート・オンライン「第1話 剣の世界」/ブログのエントリ

ソードアート・オンライン「第1話 剣の世界」に関するブログのエントリページです。

2012-07-08 12:50 │ from anilog

2012年03クール 新作アニメ ソードアート・オンライン 第01話 雑感

[ソードアート・オンライン] ブログ村キーワード ソードアート・オンライン 第01話 「剣の世界」 #swordart2012 #sao_anime #ep01 アクセルワールドの原作者による、サイバーパンク作品...

2012-07-08 17:08 │ from 妖精帝國 臣民コンソーシアム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。