アニメ☆スキスキ ホーム » スポンサー広告 » はぐれ勇者の鬼畜美学 » はぐれ勇者の鬼畜美学 第6話「超音速!スレイプニル」


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


はぐれ勇者の鬼畜美学 第6話「超音速!スレイプニル」

はぐれ勇者の鬼畜美学 第6話「超音速!スレイプニル」

 試験期間中、雨の月曜日。放課後に海堂元春に声をかけられた凰沢暁月は、研究区画へと連れて行かれる。そこで引き合わされたのは、おやっさんと呼ばれる男、久保田博士だ。そんな彼に、海堂元春は凰沢暁月で試して欲しいという。
 その試して欲しいものは、ガレージの奥にシートをかぶせられていた。止める久保田の声も聞かず、シートを外そうとした凰沢暁月は、いきなり吹き飛ばされる。吹き飛ばしたのは精霊式駆動バイク、スレイプニルだ。

 スレイプニルが凰沢剛毅、父のバイクだと知った暁月は、意地でも乗ると言い張るのだった。




ネタばれ感想文



 騒ぎを聞きつけて研究区画へ来た副会長の七瀬遥が見たのは、音速を超えてサーキットを走るバイクと、それに乗る凰沢暁月の姿だった。
 争乱の咎で凰沢暁月を連行しようとする七瀬遥は、スレイプニルを証拠として押収しようとする。だが、乗り手を選ぶスレイプニルは七瀬遥を拒否し、彼女の制服をズタボロにしてしまうのだった。

 すっぽんぽんになって、凰沢暁月の制服の上着だけを羽織った七瀬遥は、そのまま風を操って飛んでいく。…丸見えのまま彼女が向かったのは、テロリストが人質を取って立てこもるホテルだった。

 途中でパンツくらいは手に入れて欲しいもの。くノ一の色仕掛けか何かのつもりなのか知らないが、彼女にやられるテロリストが顔色一つ変えずに対応するのは立派と言えよう。





はぐれ勇者の鬼畜美学(エステティカ) 原作本の感想リンク





にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://animesukika.blog.fc2.com/tb.php/669-b43511fa

はぐれ勇者の鬼畜美学「第6話 超音速!スレイプニル」/ブログのエントリ

はぐれ勇者の鬼畜美学「第6話 超音速!スレイプニル」に関するブログのエントリページです。

2012-08-11 11:50 │ from anilog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。