アニメ☆スキスキ ホーム » スポンサー広告 » だから僕は、Hができない。 » だから僕は、Hができない。 第8話「好敵胸(ライバル)、揺れる」


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


だから僕は、Hができない。 第8話「好敵胸(ライバル)、揺れる」

だから僕は、Hができない。 第8話「好敵胸(ライバル)、揺れる」

 イリアとリサラだけでガルダーブロウグのもとへ向かったことに不安を感じるキュールは、良介のエロパワーを取り戻して立ちあがらせるため、体を張って夜這をかけることにした。
 下着姿になって良介の上に跨り、無理やり良介の唇を奪ったキュールは良介に初めてを貰ってほしいと告げる。

 一方、イリアが抜け道を教えてくれるというのを信じて美菜を助けに向かうリサラだったが、実はイリアは上司からの業務命令を受け、リサラを罠に誘い込む手はずになっていたのだ。
 その頃、良介が助けに来て危機に陥るのを回避しようとして、美菜は塔の上から外に出て脱出しようとする。しかし…。




ネタばれ感想文



 とりあえずキュールのキスシーンはエロかった。でも、別に良い話ではなかった。だらだらと続いている感じで、戦闘シーンもマンネリ化してきた。
 そもそも魔法を使う戦闘なのに、どうして古代ローマの重装歩兵よろしく、隊列を組んで攻撃をかけなきゃならんのかな?隊列を組んで意味があるのは、攻撃手段が近接に限られていた時代だけで、遠隔から威力がある攻撃を命中させる手段があるならば、むしろバラけていた方が被害を軽減できる気がする。もう少し、魔法戦術についてまじめに考えた方が良い気がする。





だから僕は、Hができない。 原作本の感想リンク





にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://animesukika.blog.fc2.com/tb.php/708-bdd0fea6

◎だから僕は、Hができない。第8話「好敵胸...

キュー:私が治してみせます。→キュールさんのチュウがくる。※黒下着エロイ。》:リサラ一人だと、まあいい。リサラは必要だ。イリア:はい。リサラ:イリア、遠回りになるけど、...

2012-12-18 20:24 │ from ぺろぺろキャンディー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。