アニメ☆スキスキ ホーム » スポンサー広告 » 僕は友達が少ない » 僕は友達が少ない 第13話(TV未放映)「リレー小説は結末が半端ない L(゜□゜)」」


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


僕は友達が少ない 第13話(TV未放映)「リレー小説は結末が半端ない L(゜□゜)」」

僕は友達が少ない 第13話(TV未放映)「リレー小説は結末が半端ない L(゜□゜)」」

 いつものようにだらけた活動をしている隣人部を見かね、羽瀬川小鷹は何かをしようと言いだす。そして思いついたのが、みんなでリレー小説を書くことだ。みんなで順番を決め、思い思いの小説を書き、一定量を書いた後は問答無用で次に移る。
 だがその書き手が隣人部のメンバーと言えば、おおよそ結末の検討は付きそうなもの。重要なのは順番だ。




ネタばれ感想文



 トップバッターの楠幸村は、主君の小鷹の言行を描く小姓のようなポジションで、主君の素晴らしさをほめたたえつつ、主君と深いきずなで結ばれる展開に持っていく。ただし、小鷹は一日百人の女子をレイプするレイプ魔という設定なのが残念。
 後を引きづいた三日月夜空は、小鷹にロリコン属性を追加し、かつ、柏崎星奈が街中で集団レイプされるという展開に持っていく。

 その後は小鷹がつづけ、星奈を助けて悪人を倒す正義の味方という、あまりにもあまりな展開に持っていく。そして、星奈は、悪の首領を夜空とし、夜空がひざまずいて星奈の足をなめる展開とするのだった。





僕は友達が少ない 原作本の感想リンク





にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://animesukika.blog.fc2.com/tb.php/734-d16fd3d4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。