アニメ☆スキスキ ホーム » スポンサー広告 » Steins;Gate » Steins;Gate 第8話「夢幻のホメオスタシス」


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


Steins;Gate 第8話「夢幻のホメオスタシス」

Steins;Gate 第8話「夢幻のホメオスタシス」

 世界線を越えて記憶を保持する能力、リーディング・シュタイナー。それを持つ者は世界の救世主になれる。そして岡部倫太郎は、その能力を持っているらしい。



ネタばれ感想文



 しかし、マッド・サイエンティストとしてジョン・タイターの言葉を鵜呑みにするわけにはいかない。鳳凰院兇真は、オペレーション・ウルドの再開を宣言し、牧瀬紅莉栖にDメールを送るように言う。
 過去も含めて自分だから改変したくないという紅莉栖に対し、ねちねちと迫る岡部だったが、そのとき、彼の携帯に閃光の指圧師・桐生萌郁からのメールが届く。

 自分もDメールを送りたいとスパム・メールを大量に送りつけて来る萌郁に押し切られる形で、彼女に電話レンジ(仮)の使用を認める岡部。彼女が送りたいというDメールの内容は、携帯の機種変更を取りやめること。それなら目の前で携帯の機種が変わるはずなので、実験結果は一目瞭然だ。

 そして実験開始。再びリーディング・シュタイナーが発動し、世界線の移動が確認された。しかしラボに桐生萌郁の姿はない。それどころか、まゆりたちラボメンから彼女に関する記憶がなくなっていたのだ!
 あわてて萌郁にメールを送る岡部。返信はすぐあり、どうやら彼女が消えたわけではないらしい。単に、彼女がラボに来ていたという過去がなくなっていたのだ。なぜ?


 そんな状況でラボにやって来たのは漆原ルカ。さっそくまゆしぃにつかまり、コスプレを強要されてしまう。そして百合っぽいけど百合じゃない展開に突入。
 やがて紅莉栖も合流し、彼女は初めてルカの性別を知る。

 だがルカは、コスをしにラボにやってきたわけではなかった。昨日、ラボの扉越しに岡部たちの会話を聞いていた彼女は、自分にもDメールを送らせてほしいという。
 その変えたい過去というのは、自分の性別。妊娠中に野菜をたくさん食べれば女の子になるという俗説を知り、妊娠中の母親に野菜をたくさん食べるように伝えたいというのだ。

 野菜をたくさん食べたくらいで性別が変わるわけはない。だからDメールを送っても特に問題はないだろう。そう判断した岡部と紅莉栖は、ルカ子の悩みを解消する意味も込めて、彼女をラボメンナンバー6に任命し、実験を許可する。

 ところがここで大きな見落としが!彼女が生まれた頃にはまだ携帯電話が普及していなかったのだ!
 そこで今回は、彼女の母親が持っていたというポケベルにメッセージを送ることにする。

 そして実験開始。三度、リーディング・シュタイナーが発動し、過去は改変された。さて、ルカ子の性別は変わったのか?







にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://animesukika.blog.fc2.com/tb.php/94-db4bf230

(アニメ感想) STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート) 第8話 「夢幻のホメオスタシス」

STEINS;GATE Vol.1【初回限定版】 [Blu-ray](2011/06/22)宮野真守、今井麻美 他商品詳細を見る ●意見交流の場として掲示板を設置しました。記事の感想や意見、原作ファンからの補足、もちろん

2011-05-27 00:18 │ from ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。